最低限のルールをしっておく

会社を変えようと転職活動をしている人もいらっしゃると思います。その中で面接での注意点とはどこでしょうか?
最低限のルールは、転職だけに限らずありますよね。

①遅刻はしない
②忘れ物はもってのほか
③携帯は電源OFF
④失礼のない言葉遣い
など、それらは人として基本中の基本のルールでしょう。では、それとは別に注意点は何でしょうか?
それは、面接での質問に対する回答だと思います。面接というのは、本来人柄やその人の思考を確認する場です。

応え方、応える内容によって、どれほど良い人材であったとしても、相手に良い部分が伝わらずに終わってしまう事もあるかもしれません。

そのような部分で採用基準から外れてしまうのは、非常に勿体無い事ですよね。色々な転職サイトに「必ず聞かれる質問」という特集が出ていたりします。
必ず言われる程質問されるという事は、それだけ面接官が知りたい事なんだと思います。
ひとまず、その質問集などを読んでみて、自分ならどう答えるかを紙などに書いてみると良いですね。

さらに、その紙に書き出した内容と「良い応対方法」の内容を比較して、どこがどのように足りていない部分なのかを確認しましょう。
もちろん、完璧に綺麗な回答をするという事じゃなく、そのような目標をあって転職をしているかといった部分も自分自身が見直せるツールだと思いますよ。
子供ではありませんから、ざっくりとした回答では、どんな企業にとっても欲しいと思う人材ではありません。

社会人として自分自身の将来をどう進んでいくのか、どういう目標に向かっているのかといった点は、きちんと伝える事が大切です。

さらにそれが、数値で明確に出す事ができればイメージは良いと思いますよ。そして、最終的には人間性を見られますので、人との対話が苦手な人、人と話す事が好きな人、個々にその本人しか出せない良さがあるでしょう。
そこを最大に面接で出す事ができるかが、面接での一番のコツです。上手に表現できなくても、真剣さが伝わる事になります。

BLOG PARTS

BLOG PARTS